--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.23

【複雑な私の気持ち】

ac01.jpg 

ハツカネズミだ、何だかんだと元気のないアスランをなぐさめてたら、いきなり抱きしめられたり・・・

あの日からなんでか、アスランの距離がすごく近くに感じてならない。

こいつには最近まで可愛い婚約者がいたんだし、解消されたっていってもあんなに近くにいたらまだ忘れられないだろうなぁと思うのに・・・・

ご飯を食べるときに隣に座る距離だとか、訓練が終わった後に大きな手で私の頭をなでていく習慣だとか、エターナルからの報告書を届けるのだって誰だっていいのに、「エースのアスランがわざわざクサナギまで来なくてもいい」って言ったら「カガリの顔が見たくて・・・」

とか恥ずかしげもなく人前で言ったりして・・・

あぁ、もう!!こんなのラクスに誤解されるだけじゃないか!!

今だって肩が触れるくらい近くにいて・・・変な噂をされて、ラクスが誤解したら落ち込むのはお前なんだぞ!!って言ってやりたいのに、そんなこと言って、私に触れる手も「カガリ」と呼ぶ声もなくなっちゃったらちょっと・・・いや、かなり嫌だなって思ってる複雑な私の心境・・・こいつは分かってるのかな・・・・・・?

 

---------------------------------------------------------

 

カガリさん。そいつは間違いなく確信犯というやつです。

 

スポンサーサイト
2008.08.18

【It is hot and cool】

 

密着した肌の合間を、じとりとした感覚が走るのにカガリは眉を寄せた。

激しい感覚の中にいた時は気づきもしなかったが、よく考えると南国気質のこの国で熱の高まった身体が密着していれば吹き出る汗を止めることができないことなど道理だろう。

「アスラン・・・ちょっと、ごめん・・・」

息も荒く、相手の背に回していた手を同じようにじとりと汗ばんだ胸板に持っていくと、なけなしの体力を使って引き剥がすように力をこめた。

「・・・何?」

途端に不機嫌のように低い声で問われる。                                                                                                                                                 情事後の蜜の濃い時間を抱き合いながら過ごすのが好きなカガリの恋人は、思っていたよりもロマンティックな性質なのか、触れ合う身体を離そうとするカガリの行動が嫌だったのだろう。

「いや・・・だって、暑いだろ?」

「あぁ・・・悪い・・・冷房いれるか」

理由に納得したのか、アスランは上半身を起こしリモコンを押した。

「すぐ、涼しくなるよ」

にこにこと微笑みながら、再びカガリの腰に手を回し身体を密着させた。                                                                                            カガリとしては軽くシャワーを浴びて、さっぱりさせたいところだったのだが・・・

それでも、肌を触れ合わせながらゆったりと時を過ごす事は本当はカガリだって大好きな時間であって・・・ため息をつきながらも、結局はアスランの胸にすり寄った。

――――――

「カガリ・・・ちょっと寒くないか?冷房・・・」

「でも、これ除湿なだけだぞ?温度もそんな低くないんだけどな・・・・・壊れたか・・・?」

「まいったな・・・切るとそれはそれで暑いし・・・」

「・・・・・・アスラン・・・・・・」

「ん?」

「も、もうちょっと密着してたら、寒くないんじゃないか・・・?////」

「・・・・・・・・・・・」

「な、何だよ!!!////意外そうな顔して!!!」

「いや、カガリからお誘いがあるとはめずらしいこともあるんだな~と・・・・」

「べ、別に誘ったわけじゃない!!!ただ、寒いならくっつくのが一番だっ、きゃぁっ・・・!!」

「じゃ、遠慮なく密着させてもらおうかな・・・・離れてるとこがないくらい・・・溶け合うみたいに・・・」

わざと低く落とされた声色に、びくりと身体を震わせてカガリは降りてきた唇を愛しそうに受け止めた。

 

あとがき

最近暑いよねって話です(笑

どっちかっていうとアスランのが先に暑さに音をあげそうですが、ロマンチックアスランが降臨されてしまったのでしょうがない・・・略してロマアス(orz

題名訳:暑かったり寒かったり

相変わらずネーミングセンスないのに泣けてくる!

2008.04.14

だから忙しいのに・・・

明日提出の課題をさっさと終わらせたいのに、さっきから間髪いれずに邪魔をする恋人。あまりに邪険にしすぎて恨みがましく見てきたので譲歩して肩に手を回して後ろから抱きしめてくるのは放っておいたというのに、その手が自分の首筋をなぞった瞬間、カガリは怒りにその手を振り払った。

「お前はとっくに終わらせてるからいいけど、私はまだ数学も科学も課題がたんまりのこってて遊んでる暇なんかないんだ!!」

「だから俺のをうつせばいいじゃないか」

「駄目だ!!それじゃあ、真面目にやったアスランが損するだけだって言ってるじゃないか!!」

「その分をカガリが身体で返してくれれば何の問題も無いよ。寝てる間に俺がやっといてあげるから・・・ね?」

「なっ!!//// だから、そんなの出来ないって言ってるだろ!!だぁ~~~もう、いいかげんやめろってアスっ・・・やっ////・・・・変なとこ触るなぁ!!」

「ね?カガリ・・・俺のことかまってくれないと後で酷くして啼かせるぞ?」

「うっ・・・・・!!ず・・・ずるいぞ!!脅すなんて・・・!!」

「カガリが俺をかまわないのが悪いんだよ、ほらもう黙って・・・」

「やっ・・・あす・・・・んんっ・・・・・・やぁあっ・・・・・!!!っアスランの・・・馬鹿ぁっ」

「馬鹿で結構だよ。カガリが俺を見てくれるなら・・・」

押し倒されて、唇を塞がれて・・・・カガリはどんどん自分を攻め立てる愛しい人の欲望に逆らう事ができなかった。                                                                                                                                                                      翌日、身体をふらふらさせながら完璧に終わらせてある課題をくやしげに提出するカガリの姿を、クラスメイトは不思議そうに見ていたそうな・・・。

 

課題に切羽詰ってるので、便利な彼氏アスランを召喚してみた。学パロっていいよね(喜                                                                     私もこんな彼氏が欲しいwa(´Д`)

本格的にパソを触ってる場合ではない(笑 では、課題に戻ります。ぴゅうっ!!

2007.12.22

ギャグ漫画

キャラ崩壊に適当すぐる四コマ漫画。

気の向くままに続きます。アスカガラブ度高いメイリンの迷走漫画。だんだんとキャラが崩れていくメイリンを許せるのなら、読んでやってください(orz

寝不足で頭のまわらない私をユルシテね☆

2007.08.13

【Immorality people’s nights …】

え~~~~と・・・・


微エロ・・・?


むしろサクジロウの羞恥プレ(やめい


いや、別にそこまでエロかないですけど・・・なんていうか、オフ友は激しく見るな(没


深夜のノリと、感動しまくった映画の影響で、ちょっとシリアス微エロ形式で(笑


タイトルの訳は【背徳者達の夜】です。これでだいたい話掴めた感じですね、はい。                                           超短いのですが、よろしければ続きからどうぞ・・・


 


 

プロフィール

サクジロウ

Author:サクジロウ
SEED時代にカガリに一目惚れをして以来、一身に愛をささげてきた妄想人間。
カガリの幸せを願い続けていたらうっかりアスカガにはまって、現在進行中…。
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2投票
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。